HISTORY
アフラックの歴史
日本初のがん保険とともに歩み始めたアフラックは、創業の想いを受け継ぎながら「生きる」を創るリーディングカンパニーを目指し、成長を続けてきました。アフラックの誕生から、現在に至るまでの歩みを紹介します。
1955-
アフラックの誕生秘話
アフラックは1955年11月17日エイモス家の3兄弟によって、米国でスタートしました。厳しい競争の中で倒産の危機に瀕しながら、世界初のがん保険を開発。その後父親ががんで他界し、肉親の愛情を持ってがんの克服の実現に向けて、がん保険に特化していくことになりました。
1955
11月17日、エイモス家の
3兄弟によってスタート。
1958
世界で初めて<がん保険>を開発。
1974-
日本社*の誕生と、
日本初の<がん保険>発売
日本社*が誕生し、日本初の<がん保険>を発売。
1981年には、脳卒中を抜いてがんが日本人死因のトップになったことで、がんに対する経済的な備えへの関心も高まり、当初の予測をはるかに超えるスピードで<がん保険>も広く知られるようになりました。
*American Family Life Assurance Company of Columbus (Aflac)の日本支店
1974
10月1日、日本における
事業認可(日本社)を取得。
1974
11月15日、アフラックは日本初の<がん保険>
を発売し、日本での営業を開始。
1984
代理店数は2,000店を超え、
<がん保険>の世帯普及率
(保有契約口数/全国世帯数)も10%に達する。
1985-
時代の先を読む経営
日本では遺された家族の生活保障を目的とした生命保険が主流でしたが、お客様自身が“生きるための保険”に特化した独自路線を歩みました。また、介護問題の到来を予見した商品の発売や、お約束した保険契約を確実に守るために安全性の高い資産運用を行うなど、当時の運用方針は現在のアフラックの健全な財務内容を築く礎となっています。
1985
<痴ほう介護保険>と
<医療保険>を相次いで発売。
1990
保障内容を大きく充実させた
<スーパーがん保険>を発売。
1992
<がん保険>の保有契約件数が
1,000万件を突破。
1994
東京都調布市に初めての
自社ビル「アフラックスクエア」が完成。
1995-
お客様本位の経営姿勢を堅持
バブル経済の崩壊後、さまざまな規制緩和策が打ち出されましたが、銀行、証券、保険会社などの経営破綻が相次ぎ、金融不安が広がりました。また、サラリーマンの医療費自己負担割合の段階的な引き上げや平均寿命の伸長を背景に、アフラックはお客様本位の経営姿勢を重視し、商品ラインアップをさらに強化していきました。
1995
割安な保険料でがん、脳卒中、
急性心筋梗塞の3大疾病を
保障する<特約ワイド>発売。
1998
がん以外の病気・ケガによる入院・
手術を保障する<特約MAX>を発売。
2000
「高度先進医療給付金」
「在宅緩和ケア給付金」等を設けた大型の
新主力商品<21世紀がん保険>を発売。
2000
第一生命保険相互会社(当時)
との業務提携を発表。
2000
コーポレートキャラクターとして
「アフラックダック」を起用。
2002
大ヒット商品となる<一生いっしょの
医療保険 EVER>を発売。
2005-
お客様にもっとも選ばれる
生命保険会社を目指して
多様化するお客様ニーズの変化に的確に対応した多くの商品を提供しました。保険商品の多様化・複雑化に加え、一人ひとりに合った最適な保障の相談が出来る来店型店舗を展開し、常にお客様視点に立ち、もっとも選ばれる保険会社を目指し続けました。
2006
ひとつの契約でマルチ保障を
実現した終身保険<WAYS>を発売。
2012
来店型店舗「よくわかる!ほけん案内」を
大都市圏を中心に開設。
2014
最新のがん治療環境を背景に開発した
<新 生きるためのがん保険Days>を発売。
2018-
「生きる」を創る
リーディングカンパニーへの飛躍
2024年に迎える創業50周年に向けて策定した「Aflac VISION2024」において、「生きるための保険」のリーディングカンパニーから「生きる」を創るリーディングカンパニーへの飛躍を掲げました。このビジョンのもと、当社はイノベーションを起こし、変化をリードする存在となるべく、保険商品に留まらずにお客様をトータルにサポートすることを目指します。
2018
日本法人化 米国生命保険会社の
日本支店から日本法人へ会社形態を変更し、
「アフラック生命保険株式会社」
として営業を開始。
2018
アフラック・イノベーションラボ開設
2019
Aflac Agile Base開設
アフラックのDNA
私たちは「がんによる経済的苦難から人々を救いたい」という想いで創業し、現在でもその想いで価値を提供し続けています。いつの時代も常にお客様の視点で考え、柔軟かつ機動的な意思決定で、多様化するニーズにお応えしてきました。これからも、時代や世の中の変化をチャンスと捉え、新しい価値を創出し続けます。