人を知るPerson

内藤 隆徳

不確実性の高い
保険事故発生率を予測しながら
適切なプライシングを行う。

内藤 隆徳Naito Takanori

2014 年入社 
商品数理部 理学部数学科

Question & Answer

Q1

アフラックへの入社理由は?

Answer

大学で身に付けた数理的な素養を活かして社会に貢献できる仕事としてアクチュアリーになりたいと考えていたため、就職活動は保険会社を中心に見ていました。その中でも、超高齢社会の到来により生存リスクが高まっている昨今の環境下で、数多くの第三分野保険を販売しているアフラックに魅力を感じ、入社を決めました。

Q2

入社前と入社後でアフラックの
イメージはどのように変化しましたか?

Answer

説明会や面接で、「話をよく聞いてくれる」という印象がありましたが、想像していた以上によく話を聞いてくれるなと感じます。若手であっても意見を求められる場面が多いです。社員が意見を言えない組織で成長することはできません。だから、ここは非常に働きやすい環境であると言えます。

Q3

今後のキャリアビジョンについて
教えてください

Answer

まだ経験したことのない業務があるため、あと2~3年は商品数理部でプライシング業務の経験を積みたいです。その後は経営数理部で決算業務を経験したいと考えていますが、より幅広い視点を持てるようになるためにもマーケティングなどの数理以外の業務も経験してみたいと考えています。

Q4

プライベートの過ごし方を教えてください

Answer

幼いころから阪神タイガースのファンで、シーズン中は毎日試合結果や成績を確認しています。会社から神宮球場が近いので、神宮球場で試合をやる時にはよく応援に行っています。社会人になってから甲子園での試合観戦はできていないので、来シーズンこそは見に行きたいと思っています。

ITEM & OFFSHOT

仕事の必需品

メモ用紙と3色のボールペンです。文字に起こして整理することで考えがまとまることが多いので、重宝しています。

プライベート

神宮球場に試合を見に行った時の写真です。今年は自分が観戦した試合は全勝でした。